バタバタ旅…

週末の周遊券旅、

まず、前日、寝るつもりがないのに

寝入ってしまった。

 

朝、起きて、びっくり。

部屋がめちゃくちゃ散らかったまま。

でも、もう今日乗る予定の新幹線は

早く旅準備して出ないといけない。

 

働かない頭で準備。

でも、思考がマイナス状態なので

家を出たのが

 

結局遅い。

 

予約はしてないけど、

目的としていた新幹線

東京駅に3分前ぐらいしかつかない。

 

一時間後の新幹線にしようか

散々迷ったけど、

ダメもとで突撃。

 

すると、意外と間に合う物で

乗るだけなら、目的の新幹線に乗れそう。

ホームに上がったら、ドアを開けて停車していた。

 

ただし、全席指定席。

指定券まだとってない。

取る時間もない。

 

これもダメもとで、もう乗って、

追加料金いるなら、

大宮で降りれば良いと覚悟して

乗ってしまった。

 

1号車の先頭に座り、

駅員さんを待つ。

事情を話して、

 

本当は・・・と困られてしまったけど

なんとか、空きはありそうで

一席用意してもらった。

 

ありがとう!!

 

と、そんなわけで、

無事?目的地の青森まで座席は確保。

 

すると、今度は、疲れ果てて爆睡。

 

何回か目覚めたけど、

なんか、ながーーーく止まっているし、

人が沢山下りるけど、

私はまだ降りなくていいよね。

 

青森だし。

 

と、、、変な事考えて

時計を見たら、

 

青森についている時間。

 

 

そう、今が下りる時、

ここは新青森駅

 

またまた、働かない頭を振る絞って

とにかく、降りなきゃーーーーと

飛び降りた。

 

乗る時も、降りる時も

なぜこんなにドアに向かって飛びこまなきゃならないのか

自分の計画性の無さが露呈して

自分に愛想が尽きる。

 

この先が思いやられる。

 

その後は、

なんと、美術館行のバスが満員で乗れずに

タクシーで行くことになる。

 

ま、それは、、、

ある程度想定していたのだけど。

タクシーで行くなら

歩いて行けない、新青森駅近くのスタバにも寄ろうと

いう魂胆。

 

初めて、タクシーでスタバに行った。

 

 

ふつーーーに良いスタバで

限定津軽びいどろのグラスを使用して

店内で飲食できると書いてあった。

もう美術館行かなくていいぐらい

ああ、ここでのんびりしたいと思った。

 

ただね、

思いつつも、

なごり惜しくスタバをさり美術館へ

 

 

まだこの辺りでも頭はぼーーーとしているし

寧ろ頭痛い。

 

朝ごはんも食べる余裕がなかったので

 

鑑賞前の食事

あべ鳥のカレー

 

着いてすぐにカフェで食事をする人は少なく

窓側の視界が開けた席に座る。

カレーは、甘め。

野菜は新鮮そう。

鶏肉が、「えっ」と思うほど、味が濃く

良い鶏の味がプンプンした。

鶏の味としか言えないのだけど。

食感だけ鶏じゃなくて、

カレーの味の中でも際立つうま味。

 

鶏の味の表現もどかしいね。

 

そして、このカレーは、

1日中胃に居座り、食欲を抑える役目をする。

要するに、体が疲れていて、消化しないわけね。

 

美術館は、思ったほどは広くないのに

のんびーーーりと居座り

帰りはバスで新青森駅に戻る。

 

バス停で、桑の実というものを初めてみる。

最初野イチゴかと思ったけど、

調べたら、桑だった。

 

 

そして、新青森から青森へ移動。

新青森は、キレイな駅で何もないとこに作られた新駅

対して

青森は、日本の地方都市のターミナル駅

駅から海が見えて、活気があるけど、

衰えが見えるビルが商店が立ち並んでいる。

 

幸運にも、目指していたスタバは

駅ビルにあり、一安心。

 

事前に調べた地図の記憶を頼りに

近くの運気の良い神社を軽く巡り

私の本日の目的は終了した。

 

街見学した後、駅ビルのスタバに落ち着く。

そこで、

なんか、もう疲れたし帰ろうかな。

頭痛いし。

ホテル予約していたけど、

新幹線の中でキャンセルすれば良いしと

 

今日のこのバタバタを考えると

やっぱり帰って家で寝た方が良いんじゃないかと

ずーーーと思っていたのよね。

 

また働かない頭であれこれ考えて

自動券売機で、指定券を取りに向かう。

 

×印

 

唯一最終は空いていたけど。

うーん、、、そこまでして無理して帰らなくても

良いかも。

混んでいる日は、人多くて満席だし。

 

結局、大人しく

事前予約しておいたホテルに宿泊。

 

 

これがほんと、

この日、最大の良い判断だった。

 

予約したホテルは、

高くないのに

新しくて、きれいで、

海の見える温泉まであり

アイスまであり、

マッサージチェアも無料

 

加えて

夜は夜食の半ラーメンが無料。

私にはちょうどこれが良い感じの夕食になった。

旅先でも変なところで節約。

 

頭痛かったけど

なんか元気回復できそう。

事前の計画って大切だわ。

 

普通は計画すると思うけどね。

 

温泉から夕焼けを見るのが素敵だったけど、

生憎、スマホは部屋に置いてあったので

翌朝、曇天の風景を収めた。

 

 

知り合いもいない

土地勘もない

知らない町にいると日本語は通じる

異次元のような世界だった。

 

そんなにお金はかからないのに、

心の贅沢だった。

-------------------------
★毎日募金 ブログアップとスターをつけて頂いた数での募金
今日までの累積 

13420円+14425円