捨てない体質

 

捨てられないのは

 
お片付けアドバイザーという方に
少し話を聞いたみた。
 
その中で、キラッと光る回答があって
 
 
「脳は捨てるのを嫌う」
 
 
なるほどーーと
納得。
買うのは簡単、捨てるのは難しい。
痛いほど、実感している。
つまり痛感。
 
 
大体、経済だって、
増やせーのオンパレード。
 
環境面から
しぶしぶ、減らそうという流れがあるけど
経済発展の欲望に、
なかなか勝てない。
 
ああ、私の捨てられないのと同じじゃんと。
 
 
ちょっと事を大げさにしてみた。
 
 
一個人でも
世界的にでも、捨てるのは難しい。
 
 
 
たとえば、これ。
昔のマイメロディの歴史雑誌。
 
こんなのネットで調べれば出てくると思うよ。
 
 
でもね、
「紙でちゃんと印刷されている」
「きっちりまとまって、ぱらぱら見られる」
 
良いんだよね。
旧テクノロジーと思うけどね。
 
紙が好きなのよ。
そして、前ほどじゃないけど
サンリオのキャラクター好きなのよね。
 
 
余分な情がびっしり。
付録だったミニバック、こちらは手放しても良いかなと
メルカリに出すも
 
希望価格では売れず。
 
結局、手元に残っている。
 
 
そうやって、
世の中的にはそんなに価値がないものが
私の家を占領していく。
 
そうすることで、脳が喜んでいる、安心しているんだと。
 
 
ぬるま湯状態だから、
いつかは、強烈な刺激を与えなきゃだけどね。
今は、まだ、冷水?に飛び込む準備はできてない。
 
無謀な世界に挑戦は好きだから
いつかはやると思うけど。
 
サンリオちゃんたちの物は
はぁぁ。
難問だわ。
 
サンリオだけでなく、色々と情が・・・。
 
今は無き、ビーナスフォート
サンリオカフェでもらった
 
紙のランチョンマットが宝物だったり。

 

-------------------------
★毎日募金 ブログアップとスターをつけて頂いた数での募金
今日までの累積 

13350円+14387円